ちょっと食べ過ぎて太ってしまった、病院でダイエットするように指導された、などダイエットをしようと考えている人は多いのではないでしょうか。

色んなダイエットをしているが、全然痩せないという声もよく耳にします。

そんな人は、基礎代謝が下がっているのかもしれません。

基礎代謝というのは、人間が生命を維持するために消費するエネルギーのことです。

呼吸や体温調節などがそうです。(※参考;http://www.inclusive-foundation.org/)

生きていく上で必ず消費されるエネルギーなのです。

基礎代謝は年齢と共に下がると言われていますが、男性は16歳、女性が14歳をピークに下がるそうです。

基礎代謝が上がると、運動をしていなくても消費エネルギーは増えるので、太りにくくなります。

下がるとその逆ということです。

筋肉が衰えたり、心肺機能が低下すると基礎代謝も下がります。

男女とも年齢を重ねていくと、若い時と同じような食生活を送っていると太ってくるのはこういうことなのです。

ですから、基礎代謝を上げる努力をし、ダイエットに取り組まなければうまくいかないのです。

基礎代謝のことを一切知らずに、ただメディアで取り上げられたダイエット方法をあれこれ試していてもうまくいきません。

基礎代謝を高めるには、筋肉量を増やし、有酸素運動で心肺機能を鍛え、腹式呼吸で横隔膜を鍛えるようにすると基礎代謝はアップし、太りにくい体質になります。

ダイエットがうまくいけば、生活の質も向上しますので良いことばかりになります。